アゴ削りで理想のフェイスラインを手に入れる

最先端の技術を使った安全な施術

かつてのアゴ削りは大掛かりな手術が必要で、一度行えば二度と元に戻すことができない不可逆性や施術時の感染症などの懸念から手術を躊躇して諦めてしまうケースも少なくありませんでした。
しかし、ここ数年で医療技術が急速な発展を遂げ、より安全性が高まり理想のフェイスラインを作れるようになっただけではなく、メスを入れる箇所も必要最小限で日常の生活にはほとんど影響が無いのに加えて女性の場合であればメイクをすることで言われなければ分からないほど隠すことも可能です。
不可逆性の問題についても、IT技術の導入により飛躍的に確実性が向上し多くの患者さんにとって納得の仕上がりを見せることが可能となりました。
かつては施術前に実施されるインフォームドコンセントでは、レントゲン撮影した写真を元に骨の形状を把握しながら顔に医療用マーカーで印を付けて、どこにメスを入れてどのような施術を行うのかを口頭により相談したり説明されるのがほとんどでした。
施術後の結果は担当医の経験と技術を信頼するほかに方法は無く、医師にとってはベストな選択をして高度な施術を行えたと感じたとしても患者さんにとっては事前の説明と違っていた、イメージしていたのと違うなどトラブルになることも少なくありませんでした。
しかし、現在では3Dスキャナーなどを導入することにより、リアルなイメージを共有することに成功しています。
レントゲンであれば撮影したアングルからしか確認が不可能でしたが、コンピューターの3次元グラフィックを利用した3Dスキャナーであればさまざまな角度から見ることができます。
また、画像編集ソフトにより顔写真にモーフィングを施すことにより、施術後にはどのようなフェイスラインになるのかを具体的にイメージできるようになりました。
これらの取り組みにより、担当医は確実な施術をすることが可能になったのに加えて、はじめの説明とイメージが違っていたというトラブルも皆無となりました。
もうひとつの要因は、アゴ削りを行ってもリカバリーが可能な方法が登場しているところです。

アゴから受ける影響最先端の技術を使った安全な施術アゴを削った後も形は変えられる