アゴ削りで理想のフェイスラインを手に入れる

アゴを削った後も形は変えられる

アゴ削り事態は不可逆的なものですが、万が一失敗したり後から別の形状に戻したいと考えた場合に、いくつかの方法で埋め戻すことが可能です。
医療用シリコンや医療用チタンなどの素材を使用し拒絶反応の抑制などの安全性が以前よりも高まったり、加工技術の発達により高精細な形状を作ることが可能になりました。
また、それらの方法が拒絶反応により不可能な場合は、再生医療の応用で他の部位から組織を取り出して培養して使用することも可能になりました。
さらにそれらの方法でも不可能な場合や患者さん自身が希望しない場合には、一定期間で体内に吸収されてしまうために定期的な施術が必要ですが、ヒアルロン酸やプロテーゼなどの薬剤を注入するという方法もあります。
このため、不可逆性の高い施術を行っても、後からある程度リカバリー可能な方法が登場したことからアゴ削りにチャレンジするハードルが低くなっているという背景もあります。
現在ではさまざまな選択肢が登場したことから、アゴ削りを行って理想のフェイスラインを手に入れて健やかな毎日を過ごす方が増えています。

アゴから受ける影響最先端の技術を使った安全な施術アゴを削った後も形は変えられる